天台宗別格本山
龍谷山
水間寺
■三大法会

●正月法会
  ・開催時期:毎年大晦日から1月3日まで
 <大晦日>
  大晦日は、当山貫主の法話・法楽の後、除夜の鐘を打ち、新しい年の無事と平和を祈願いたします。またその後一般参詣の方々には、新しい年のご健康、ご多幸、家内安全のために鐘撞きを一人1回打って頂くために、開放いたします。
 <正月>
  正月1日、2日、3日の3日間は年始法会が厳修され、特に2日、3日は当寺の開創以来伝わる「千本餅つき」の行事が行われます。
    ◆千本餅つきの行事:1月2日と3日の午前10時〜午後3時
    ◆景品付き、利生の銭入り餅まき:午後2時 第二駐車場於

千本餅つき

千本餅つき

●節分法会
  「節分法会」は水間寺の三大行事のひとつとして毎年盛大に執り行います。
   ◎開催時期:毎年2月2日から4日まで
  節分には、当山貫主の法話があり、その後厄除け・招福開運を祈願して、恒例の「景品付き利生銭入り餅・福豆まき」があります。
   ◎場所:山の第二駐車場 特設舞台
  ※餅まきの前には、毎年演芸も行っています。
 

●旧初午法会
 この「旧初午法会」も水間寺三大行事のひとつとして毎年盛大に執り行います。
  ◎開催時期:旧暦初午の日(毎年変わります)
   ※水間寺では伝統的に旧暦をもとに初午の行事を行っています。
    旧暦の2月の最初の午の日から現在の暦に該当する日となります。
      
 旧初午の日の前後を入れて3日間を「旧初午法会」として祈祷厳修されます。特に厄年の方にはご利益があり、毎年多くの厄年の方々のご祈祷が行われます。また旧初午の日には、ご祈祷を受けられた方に「利生銭いり餅」が授与されます。
■人生一代の厄歳 (数え年)

大厄 中厄 小厄
       男女共通   男女共通 
25
42
61
19
33
37
  3  39
 12  48
 21  57
 30    
  8  44
 17  53
 26  62
 35    

厄除けのお守り
Copyright(C) Ryukokusan Mizumadera All Rights Reserved